モロヘイヤにはどんな栄養素が含まれているか

モロヘイヤにはどんな栄養素が含まれているか

モロヘイヤは、最近では一般的なスーパーでも売られている野菜であり、そこまで珍しいものではありませんが、意外にも日本で栽培され流通するようになったのは1980年代に入ってからなのです。

 

そのため、比較的歴史の浅い野菜と思われがちなのですが、実際には歴史が浅いのは日本だけであり、モロヘイヤ自体は古代エジプトで栽培され食されてきたという歴史を持っています。

 

モロヘイヤという名前自体、アラビア語由来であり“王様が食べるための野菜”という意味が込められています。
とはいえ、王様しか食べていなかったわけではなく、古代エジプトから庶民も食べられる野菜として出回ってきました。

 

モロヘイヤにはどんな栄養素が含まれているか

モロヘイヤが広く広まるキッカケとなったのが、どんな薬を飲んでも治らなかったエジプト王の病気が、モロヘイヤを食べたことで治ってしまったという逸話であり、これが元でモロヘイヤという名前がつけられたといわれています。

 

 

モロヘイヤが薬に勝った・・・。
この逸話は、全くのデタラメではないと言えます。
というのも、モロヘイヤには非常に多くの栄養素が含まれているからなのです。

 

食物繊維をはじめとして、ビタミン類やカリウム、カルシウム、鉄分、またカロチンも含まれており、それぞれの栄養素が健康を維持できるように十分に体内で働き効能を発揮できるだけの豊富な量が含まれています。

 

現在では医学も進歩しており、薬も十分効果が高いものがあるので、古代エジプト時代のようにモロヘイヤの発揮する効果が驚異的なものではないにしろ、健康を手に入れられるだけの効能を発揮する力がモロヘイヤにはあるのです。